アナルオナニー

アナルオナニーは危険なのか?アナニーの注意点の紹介!

更新日:

アナルオナニー 危険

アナルオナニー(アナニー)は間違った方法でしていると、取り返しのつかない事になります。

貴方は間違ったアナニーをしていませんか?

今、貴方がやっているアナニーは本当に安全な方法ですか?

アナルオナニー(アナニー)は正しい方法でしないと危険な場合があるのです!

ここではアナルオナニー(アナニー)の危険性について説明します。

関連:アナルオナニーの必需品!オススメのエネマグラ5選!

アナルオナニー(アナニー)の危険性

アナルオナニーは正しい方法でやらないと、肛門や直腸を痛め入院しなければならない事態になりかねません。

また、アナル(肛門)は非常にデリケートなので優しく丁寧に正しい方法じゃないと病気になる危険性もあります!

間違った方法でアナルオナニーをすると以下の危険性があります!

  • 肛門が緩くなる
  • 腸に炎症を起こす
  • 食中毒になる

肛門が緩くなる

自分の肛門の大きさに合っていないバイブ等のアナルグッズを使っていると肛門が緩くなり、近い将来おむつが必要になってしまう事があります。

※アナルグッズは必ず小さいモノから使い、慣れてきたら大きいサイズに変更するようにしましょう!

腸に炎症を起こす

アナル専用のグッズではなく、家にあるモノ(歯ブラシやシャーペン)で代用すると肛門や直腸を傷つける原因になります。

アナルオナニー(アナニー)をする場合にはコンドームを付けた指か、アナル専用のグッズを使うように意識してください!

食中毒になる

肛門の中には大量の雑菌がいるので、生の指でアナニーをすると物凄く不衛生です。
その指で何か食べたり、触ったりする事で食中毒の原因となってしまいます!

グッズを使う場合も、使用後は必ず洗浄し綺麗な状態で保管するように心がけて下さい。

アナルオナニー(アナニー)の注意点

アナルオナニーをする時の注意点は優しい力で丁寧にです!

肛門(アナル)はデリケートなので、力強く刺激を与えたりするとダメージを受けてしまい病気の原因になります。

無理なアナルオナニーを続けていると血便などの症状の原因になるので、アナルオナニーをする場合にはくれぐれも注意するようにしてください。

また、アナニーをする際には必ず浣腸をして腸の中を綺麗にしてからするようにしましょう!

まとめ

以上がアナルオナニーは危険なのか?注意点の紹介!でした。

アナニーをする際には必ず正しい方法で、肛門や腸を傷めないように意識してください!

間違った方法でアナニーをすると肛門が緩くなったり、食中毒の原因、腸に炎症を起こすなどの様々なトラブルになりかねません。

また、アナルグッズの使用後は必ず洗浄し、清潔な状態で保つようにしてください。

肛門は雑菌が多くあるので、常に注意する必要があります。

※肛門は元々排泄の為の器官なのです!

関連:アナルオナニーにおすすめ!最強アナルバイブ5選の紹介!

ピックアップ記事

A10ピストンSA 1

電動オナホールが気になるけど、値段が高いし、どの商品が本当に気持ち良いのか分からない・・・きっとそんな悩みを持った男性も少なくはないはず。 今回は数多くある電動オナホールの中から最高の気持ち良さを感じ ...

アプリ イメージ 2

無料で登録できて簡単にセフレをGET出来る出会い系アプリの紹介をします。 スマホが普及し数多くの出会い系アプリ(マッチングアプリ)がある中で、確実に女性と出会えるアプリのみを3つ紹介します。 サクラや ...

サイクロンSA 3

オナニーを今まで以上に気持ちよくしてくれる最強オナホールの紹介をします。 オナホールを使った事が無い方や、どのオナホールが気持ちいいのか分からなくて悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。 最近のオナ ...

PCMAX イメージ3 4

無料でセフレが欲しいなら登録すべき出会い系サイトを5つ紹介いたします。 悪質でサクラや業者ばかりな出会い系が多い中で、確実に女性と出会えるサイトがあるのも事実です。 本気でセフレが欲しい男性は是非、最 ...

-アナルオナニー

Copyright© 男のオナニー&セックス完全マニュアル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.